IT業界で営業に転職したい

IT業界ではエンジニア以外に営業の求人も多い

IT業界で営業に転職したい

IT業界は若者に人気です。IT業界とはわかりやすく言えばコンピュータやネットワークに関連する技術を扱う業界、と言っていいでしょう。ITとは正確には「インフォメーション・テクノロジー」と言います。「情報技術」と訳されますが、何かの機能を実現させるためのコンピューターの利用法やそれを運用させるシステムや技術のことを言います。IT業界とひと口に言っても、いろいろな内容があります。

IT業界を大きく分けると、ソフトウェア業界、ハードウェア業界、インターネット業界、情報通信業界に分けられるのではないでしょうか。そのひとつひとつを説明していきましょう。まずソフトウェア業界は、OSと呼ばれるオペレーティングシステムと、アプリケーションソフトに分けられます。ソフトウェア業界で有名な会社にマイクロソフト社があります。WindowsというOSとワードやエクセルなどのアプリケーションソフトを扱っています。

[おすすめサイト]

業界最多の非公開求人があるのはリクルートエージェントだけ!
「転職に人間力を。」転職支援サービスのリクルートエージェント

一方でハードウェア業界では、コンピュータ内の電子回路や周辺機器を扱っています。携帯電話やスマートフォンの端末もハードウェア業界の仕事です。情報通信業界は、インターネットプロバイダ企業等が含まれます。また、インターネット業界は企業向けのサービスを展開する「B to B」型と一般消費者向け取引の「B to C」型に分けられます。「B to B」では会社のホームページを作ったりインターネット環境を構築したりする仕事があります。「B to C」型の事業には、オンラインショッピングやブログなど各種サービスの提供が主な仕事になっています。

このようにIT業界は仕事の幅が広く、また次々と新しい技術が開発されています。そのため、働く人の技能や勉強が必要になります。IT業界の仕事というとエンジニア系をイメージする人が多いのではないでしょうか。たしかにIT業界はプログラムやシステム構築をしなければいけませんので、優秀なエンジニアを常に募集しています。しかし、営業職の求人もたくさんあります。

[おすすめサイト]

あなたの転職を100%支援するリクルートエージェントの転職支援サービスとは?
リクルートエージェントの転職サービスを使うメリット

IT業界の営業の求人には、新しく開発されたシステムや会計ソフトなど業務用ソフトの営業、インターネット広告の営業、BtoBのシステムの営業などがあります。業界未経験者でも応募できる求人が多いので、挑戦するといいですね。

  • IT業界の転職事情
    • IT業界の求人状況を知ろう
    • IT業界で営業職の現実
  • 営業経験者のアピールポイント
    • 過去の営業成績を活かす
    • 過去の営業方法を活かす
  • 営業未経験者のアピールポイント
    • やる気をアピール
    • 人間性や個性をアピール
  • IT業界が求める人材とは?
    • ITの知識は必要
    • 柔軟な発想を持とう
  • 営業職は結果が命
    • 自己啓発で常に成長すべし